2019/11/08 徽音祭当日特設ページのご案内

徽音祭まで残りわずかとなりました。

当日、皆様により徽音祭を楽しんでいただけるよう、特設ページを作成いたしました。

第70回徽音祭のテーマソングやマスコットキャラクターのきいちゃん、我々徽音祭実行委員会の理念などを紹介しております。

ぜひご覧ください。

こちら
 
  

2019/11/01 「ヒプノシスマイク-ニコ生Rap Battle- 出張版スペシャルステージ!!」開催場所変更及び観覧者制限に関するご案内

     

11月10日11:10から開催予定の「ヒプノシスマイク -ニコ生 Rap Battle-出張版スペシャルステージ!!」の会場を、翡翠エリア特設ステージから大学体育館に変更させていただくことになりました。

  

また、会場の変更に伴い観覧の方法も大きく変更し、制限を設けさせていただきます。

  

直前の変更となりますこと、ご来場の皆様また関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます。


  

イベントを開催するにあたり予想以上の反響を頂いており、想定よりも遥かに多くの来場者が見込まれます。大学構内にて事故の発生が予想されること、タイムスケジュール等の関係で徽音堂の使用が難しいことから、徽音祭実行委員会、大学、仲介業者様で話し合いを重ねた結果、参加団体の皆様と来場者様の安全確保のため、このような結論に至りました。


詳細は以下の通りです。


①開催場所:お茶の水女子大学 大学体育館 2F

②開演日程:11月10日 11:10~12:10

③観覧方法:整理券をお持ちの方のみ 

*追加で抽選をこちらにて行わせていただきます(追加人数50名)

④当日の流れ:

9:30〜 整理券をお持ちの方のみ正門より入構・大学グラウンドにて待機、IDチェック

10:00〜 IDチェックの終わった方から整理番号順に入場開始

11:10〜 開演

12:10  終演


⑤注意事項:当日の会場の再入場は禁止となっております。


来場なさる皆様にとって楽しい学園祭を開催できるよう、皆様のご理解とご協力のほど、何卒お願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせがございましたら、以下の連絡先までお問い合わせください。

お茶の水女子大学 徽音祭実行委員会 ゲスト・ステージ担当

kifc2019.guestage@gmail.com

 
   
  

2019/7/13 水コンファイナリスト決定のお知らせ

     

徽音祭内の企画「水コン」のファイナリストが決定いたしました。

  

水コンとは、「お茶大生が憧れるお茶大生No.1決定戦」として、毎年開催されている人気企画です。

  

多数の応募の中から選ばれたファイナリスト5名がこれから様々な活動をしてまいりますので、応援の程よろしくお願いいたします。

  

詳細はこちら

 

2019/5/10 コンサートのお知らせ

お茶の水女子大学の同窓会「桜蔭会」様より、徽音堂でのコンサートのご紹介をいただきましたのでお知らせします。

演題:「ヘーデンボルク・トリオコンサート 〜三兄弟が母の故郷に届けるウィーンの調べ〜」

日時:11月17日 14時〜(13時15分開場)

場所:徽音堂(お茶の水女子大学講堂)

出演:ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルグ(ヴァイオリン)

   ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク(チェロ)

   ユリアン・洋・ヘーデンボルク(ピアノ)

ご兄弟のお母様はお茶の水女子大学附属中学校・高校の卒業生であらせられます。

スケジュールの合間を縫い、お母様の母校で演奏できることを楽しみにしておられ、またご兄弟は母校の学生・生徒・児童の皆さんに是非聞いて欲しいとおっしゃっておられます。

そこで一般のチケット販売に先行して、5月31日まで学生券を1000円で販売いたします。

正門横の国際交流留学生会館プラザ3階にございます桜蔭会事務室にお越しくださいませ。

詳細

2019/05/07 講演会のお知らせ

お茶の水女子大学の同窓会「桜蔭会」様より、滝久雄氏の講演会のご紹介をいただきましたのでお知らせします。

演題:「留学生を大切にする日本 文化・芸術の価値を知る日本」

日時:5月26日 14時~16時半(13時半開場)

場所:国際交流留学生会館プラザ 2階ホール

ぐるなび会長・創業者でいらっしゃる滝久雄氏は留学生支援、パブリックアートやペア碁の普及活動など多方面にわたりご活躍されています。

この春オープンした正門横の国際交流留学生プラザ建設に関しても多大なるご支援をいただきました。

その落成記念講演です。お時間がある方は是非ご参加ください。

詳細



2019/4/1 新徽音祭テーマ発表について

本日、2019年徽音祭のテーマが発表されました。今年のテーマは「白珪70(なお)磨くべし」。

これには『完全無欠の清らかな玉(=白珪)であってもさらに磨くべきである』という意味があります。

そしてこのテーマには、お茶大生の知性や「徽音」が意味する美徳を徽音祭を通してさらに磨いていって欲しいという願いが込められています。

詳細に関しましては、「徽音祭について」のページにございますので、是非そちらもご覧ください。

 
rogo70th