第71回徽音祭「りん」

お茶の水女子大学の学園祭、徽音祭(きいんさい)公式ホームページです。

コラム

徽音祭実行委員が、大学生活や受験などについて不定期に綴っていきます!


8月7日
【お茶大と私】

私は高校2年生の夏でオープンキャンパスに参加したときに、はじめてお茶大に来ました。まだ当時はお茶大を目指していたわけではなく、単に「毎年私の通っていた高校からお茶大に進学する人が比較的多いから」という理由で、とりあえず私もオープンキャンパスだけでも行っておこうと思ったからです。しかし、お茶大についての説明を聞いたり、お茶大の先生の模擬授業を受けたりする中で、「上手く言葉では表せないけれどとても雰囲気の良い大学だなあ」「自分の学びたい分野の先生もいるし、お茶大に通えたら楽しいだろうなあ」などと思い、そのときからお茶大を第1志望とすることに決めました。
受験勉強に関しては、塾や予備校などには通っていなかったので、高校3年生の4月に部活動を引退してからは、平日の放課後や休日は高校に行って勉強をしていました。学校に行けば、周りには一生懸命努力している友達がたくさんいて、また、分からない問題があったときにすぐに教えてくださる先生もいらっしゃったので、周りの人から刺激を受けながら毎日勉強できたと思います。
そうして無事に第1志望のお茶大に合格・入学してからは、勉強・サークル/委員会活動・アルバイトなど様々なことに力を注ぎながら、有意義な毎日を過ごしています。お茶大生は何かに対して一生懸命努力し続けている人がとても多く、学科、サークル/委員会などで出会った友人たちは、みんな私に良い刺激を与えてくれています。特に、徽音祭実行委員会の仲間たちは、心から尊敬できる素敵な仲間ばかりで、徽音祭実行委員会に入ったことで、自分自身もとても成長できていると日々実感しています。  
受験生のみなさんは大変な状況かと思いますが、ぜひ徽音祭にいらしてみてください!お茶大の雰囲気をつかむことのできるよい機会だと思いますし、きっと勉強のモチベーションも上がると思います◎  
それではみなさんとお茶大でお会いできることを楽しみにしています!

6月19日
【第一志望だったお茶大に入って】

お茶大は高校2年生くらいのときからずっと第一志望でした。地方出身なので、東京近辺の文学系の学部のある国公立大に進学したいと思い、視野に入れ始めました。前期で人文科学科に合格し、今は比較歴史学コースに所属しています。少人数のため先生と学生の距離が近く、一人一人気にかけてもらえます。また、面白い先生方や優秀な友人たちに刺激をもらえて、頑張ろうと思うことができる環境です。一人暮らしをしつつ、徽音祭実行委員会ともう1つのサークルを掛け持ちして、さらにバイトもしていますが、無理なく活動できています。お茶大に興味を持ってもらえると嬉しいです。皆さんの入学をお待ちしています!

6月16日
【真面目かつユーモアがあって優しい(×お嬢様だらけ)のお茶大生!】

こんにちは!文教育学部人間社会科学科の3年生です。私は社会学と子ども学が学べるという点に惹かれて、お茶大を志望しました。実際に現在、社会学コースに所属しつつ、子ども学の講義も受講しています。子ども学の講義の一環で、付属の幼稚園や子ども園に行って遊ぶこともありました!◎女子大は「お嬢様だらけ」とか「格式高い」と思われる方もいるかもしれませんが、全然そんなことはありません!(笑) 「真面目かつユーモアがあって優しい」人がお茶大生には多いかなと思います。学業や研究について一緒に真剣に考えてくれる友人も、毎日冗談を言って笑わせてくれる友人もいます。優しい人が多いというのは一例を挙げるのが難しいほど、日々の生活で頻繁に感じます。また、少人数なのもお茶大の特徴です。規模も大きくないため、校内でサークルや委員会の友人と1日に何度もすれ違います!授業では会えない、違う学部・学科の仲良しの人とも話すチャンスが沢山ある環境はとても楽しいです◎みなさんもお茶大で楽しい日々を過ごしませんか?